2013年11月23日

ジェネリック医薬品(プロペシア)

プロペシアには安価なジェネリック医薬品が存在します。

男性型脱毛症(AGA)の治療に処方され効果的と言われる
プロペシアですが実際治療にかかる費用はこのようです

医院での初診代(再診代) ・・・2千円〜3千円
薬代・プロペシア(4週分)・・・7千円ほど
病院へ通う交通費 ・・・・・・・?


男性型脱毛症の治療は保険外診療にあたるので
すべて実費になり毎月1万円ほど必要です
プロペシアは長期の継続治療が必要なので
治療を止めるまで毎月費用はかかります。

また、プロペシアの服用に効果が出て
髪が以前のようにフサフサに戻ったかといって
服用をやめると元の薄毛状態に戻るので
プロペシアは一度服用を始めるとやめられない薬です。

半永久的に毎月1万円ほどが必要な医薬品なんです

このことが理由でプロペシアの継続治療を諦めてる人も
多いのではないのでしょうか。

一般的な疾患の治療では薬代を安価にするために
製剤薬局で随分昔からジェネリック医薬品を患者が希望すれば
処方してもらえるようになってますね。

飲む育毛剤のプロペシアにもジェネリック医薬品は存在します。
プロペシアに含まれるフィナステリドと言う
男性型脱毛症に有効な主成分が含まれてるジネリック医薬品です
プロペシアと同じ効果が望め、価格はプロペシアと比べかなり激安で
海外の製薬会社で製造されてます。

ただ、日本で買えるフィナステリドが含まれる医薬品は
MSD株式会社から販売されてるプロペシアのみなんです。
きっと独占販売なので価格が全然下がらないんでしょうね

国内でジェネリック医薬品を購入する方法はないのか?って言うと
海外の製薬会社から製品を個人輸入するって方法があります。

プロペシアのジェネリック医薬品はこのような製品です
・エフペシア(F-Pecia)
・フィンペシア(Finpecia)
・ハリフィン(Harifin)
・フィナバルド(Finabald)
・フィライド(Firide)1mg


30錠だと2000円位、100錠で3000円位

DSC_4594.jpg
 (左がプロペシア、右がフィンペシアで錠剤が小さくて飲みやすい )

プロペシアにはフィナステリド成分が1mg含まれてますが
5mg含む医薬品「プロスカー(Proscar)」って言うのも存在します
そのジェネリック医薬品は下記です。
・フィンカー(Fincar)

プロスカーは28錠で4500円ほど
フィンカーは100錠で4000円ほどです。


ジェネリック薬品は不安って方には
プロスカーを5等分して服用されてる人がいるようです。

けど、
このジェネリック医薬品を個人輸入で購入するって
実際どのようにしたらいいのか解らないし
解ったところで輸入手続きがめっちゃ大変です。

なので、ジェネリック医薬品を輸入手続を代行してくれる
業者さんがネット上などに存在します。
そういう業者さんを利用すればジェネリック医薬品の
購入がスムーズに行えますね。

こんなお店です
・BESTケンコー
・クログロ本舗
・オオサカ堂

など…
じっくり見て安心できる業者を選べばいいですね!

ただ、ジェネリック医薬品の個人輸入と服用は
あくまでも個人の自己責任!

医者で治療してるわけでもなく
上記のお店で購入してる訳ではないので
もし何か問題が起きても苦情が言える先はない
って認識でジェネリック医薬品を服用しないといけませんよ!



posted by tori at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロペシアって効果どう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。