2013年10月25日

副作用はあるのか

飲む育毛剤の副作用について調べてみました。

飲む育毛剤で有名なのがやっぱ「プロペシア
AGA治療で認可されている医薬品ですね!
こちらは抜け毛防止・発毛に効果があるとされている成分
フィナステリド」が含まれています。

フィナステリドの副作用というと
勃起不全と女性化乳房

処方を止めたら副作用も治るみたいですよ!
どれくらいの確率で副作用が発症するかと言うと
どちらも五人に一人まで、20%以下の発症率だそうです!

精力低下って副作用は有名なので
覚悟の上運用している人が多いでしょうね!
027999.jpg

あと、確率は少ないようですが
肝機能障害って副作用も起こりえます。
血液検査で表示される肝臓の数値ASTとALTが上昇するようでが
これは一時的な場合が多くて、次回検査時に低下していればいいようです。

私の知人のプロペシアを服用してる人で副作用が出たって人はいません

また、病院で処方されるのは28日分の薬なので
1ヶ月に一回は通院し担当医の問診を受けないと次の薬は処方されません
問診は飲用してからの体調等、副作用について聞かれるので
担当医に対し不誠実な返答をしない限り
副作用に対する心配は軽減されますね!

ただ、費用がかさむからと個人輸入で愛用されてる方は別です
飲む育毛剤で手軽だからと言ってもやっぽ医薬品!
副作用が起きたリスクは高いです

個人輸入ていうと、リアップやロゲインの発毛成分と示されてる
ミノキシジルのタブレット(通称ミノタブ)が人気です。
海外で医薬品認定されてますが日本国内では未認可のため
個人輸入で人気の飲む育毛剤となってます。
DSC_2763.jpg

副作用は血圧低下や呼吸不全など…
なかなか怖い商品です。けどホント人気です。
副作用の発生確率は不認可の薬なので定かでありません!

現在、日本のリアップはミノキシジルが5mg入ってます
1mg、3mgだった時もありました。
5mgが認可されたのはロゲイン5mgが個人輸入で人気で
リアップの売上が悪くなり
大正製薬が厚生省に文句を言った!なんてことも噂されてます。

てことを考えるとミノタブも認可され
病院で処方されるようになる日も近いかも知れませんね

塗る育毛剤リアップは痒み・湿疹などの皮膚系の症状が出る人が
あるようですが、確率が低いので副作用とは認められないそうです。

いろいろ調べてると個人輸入では
陰部の一物が変形した
って、怖い副作用も報告されてるとか…

輸出国の業者によっては偽物を販売してるって
ことも起こり得るうるので副作用のリスクは高いです
購入者の殆どは自分で輸入手続きをせず、代行業者頼みですから
どの会社から買ってるのか解らないって言うのが現状です

飲む育毛剤には医薬品ではないサプリメント系
のタブレット・ジュース系の飲用物が多く存在してます。

サプリメント系の飲む育毛剤はアミノ酸であったり
天然成分だったりするものが多いので
それなりに育毛効果はあるけど副作用が少ない、ないような
製品もあるようですよ!
 
安心なの飲む育毛剤はこちら=>回生堂メンズミレット

【飲む育毛剤の副作用についての最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。